のiPhone 11用ケースがもう予約開始してる。Appleロゴはやっぱりまんなかだ!

次期iPhone用とされるiPhoneケースの写真が掘り出されました。この写真(のスクリーンショット)をTwitterに投稿したのは、スマホのリーク情報でおなじみBen Geskin氏。

画像にはSpigenの「タフ・アーマー」「ラギッド・アーマー」シリーズのパッケージ画像。そして、対応するiPhone「iPhone 11 Pro Max」「iPhone 11 Pro」「iPhone 11」の姿も見えます。右の写真は、Ben Geskin氏によるiPhone 11シリーズの予想レンダリング。

名前はこれで確定…でしょうかね。あと注目すべきはケース中央のリンゴマーク。

このシリーズのケースは毎回ロゴ周辺に穴が空いていて、ロゴが見えるApple自己主張デザインになっているのですが、今回の穴は端末の真ん中。そこからAppleロゴが顔を覗かせています。

えーい、もう出しちゃえ! …なの!? SpigenがiPhone 11用ケースを公式発表
そして昨日の夜のこと。当のSpigenがなんと…。

iPhone 11、iPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro Maxのケースを自ら公開しました。要チェック!ってちょっ…それまだ端末出てない。

Amazonでの製品画像を見る限り、リンゴマークはつや消しでバッチリと端末の真ん中へ。

こちらはクリアケースですが、やはりロゴはまんなか。ただ、このケースのモデリングだと、今回なくなると噂されている「iPhone」のロゴは備わったままなので、このあたりの細かなデザインはまだちょっとあやふやですね。

その姿が確定するのは10日の深夜、Appleのスペシャルイベントで。

iPhone11

ギズモードは今年も夜ふかしして更新しますよー。iPhoneだけじゃなくて、iPadやらApple Watchやら、いろんな噂がチラホラと聞こえてきたので、なんだかんだで楽しみです!

いっしょにぜひ盛り上がりましょ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です